両陛下、パラリンピック選手招きお茶会(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季パラリンピックの入賞選手らを招き茶会を催された。メダリストや競技団体関係者ら計38人が出席した。

 陛下はお言葉で「みなさんは障害をもち、さまざまな困難を乗り越え、努力を重ね、ひとつの大きな目標を達成されました。この経験をいかし、将来に向かって力強く歩まれるよう期待しております」と述べられた。日本選手団の主将を務め、ノルディックスキーの2種目で金メダルを獲得した新田佳浩選手は「(陛下から)家族にいい報告ができてよかったですねと言われました」と話していた。

【関連記事】
「ポケモンの化け物」マスコット酷評 ロンドン五輪
パラ五輪金メダリストの河合氏、参院選“台風の目”の可能性
「片翼チャンピオン」著者・平山譲さん 逆境に立ち向かう人々の姿を記録
みんなの党、河合氏に出馬要請 パラリンピック3連続金
埼玉県のパラリンピックメダリストにスポーツ功労賞

330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
<AKB48>運営会社が週刊文春を提訴(毎日新聞)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
民主・医療の無過失補償制度議連が設立総会(医療介護CBニュース)
[PR]
by itdkqpxt7h | 2010-06-03 19:19