天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)

 天皇陛下は15日、皇居・宮殿で東ティモールのラモス・ホルタ大統領と会見された。

 宮内庁によると、会見は約20分間行われ、陛下は「東ティモールの国づくりは大変だったと思います」と話された。大統領は、日本の支援に対する感謝の言葉を述べたという。

【関連記事】
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
「卒業生として恥ずかしい」陛下のご学友、橋本明氏
皇太子さま アフリカ直前会見詳報(上)「出会い」は大阪万博
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発
天皇公的行為の政府見解を自、共が批判「政治利用の歯止めあいまい」
20年後、日本はありますか?

<都条例>改正案を巡り出版関係4団体が反対の緊急声明(毎日新聞)
今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
鳩山邦氏、自民離党 唐突…「予備軍」も困惑(産経新聞)
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書(医療介護CBニュース)
地下鉄で「衝突の恐れ」=ポイント上で緊急停車−大阪市(時事通信)
[PR]
by itdkqpxt7h | 2010-03-20 14:38