ゴルフボールの特許権侵害、17億円賠償命令(読売新聞)

 ゴルフボールの飛距離を伸ばすための特許権を侵害されたとして、ブリヂストンの子会社「ブリヂストンスポーツ」(東京)が、「タイトリスト」ブランドのゴルフ用品を日本で販売する「アクシネット・ジャパン・インク」(同)に損害賠償など約56億7800万円の支払いを求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。

 大鷹一郎裁判長は、特許権侵害を認め、約17億8600万円の支払いを命じた。ア社は判決を不服として控訴する方針。

 ブリヂストンスポーツは1997年、ゴルフボールの芯のゴム組成物に関する特許を取得した。

 裁判で、ア社側は「周知の技術で容易に開発でき、特許権は侵害していない」などと主張。判決は、ア社が輸入・販売した「タイトリスト プロ V1 2005年モデル」など11製品には、ブリヂストンスポーツが特許を得た技術が使われており、「容易に開発することはできなかった」として特許権侵害を認定した。

 アクシネット・ジャパン・インクの話「裁判所の判断に失望している。問題となっている特許権は有効ではないと考えており、いかなる損害に対する責任を負うものではないと確信している」

空自千歳基地でF15の20ミリ訓練弾破裂(読売新聞)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
来年度予算案、3月2日に衆院通過へ(読売新聞)
【from Editor】「水島上等兵」の訃報(産経新聞)
<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
[PR]
by itdkqpxt7h | 2010-03-02 01:58