「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用−警察庁(時事通信)

 犯罪収益やテロ資金が疑われるとして、金融機関などが2009年に国などへ届け出た取引は、前年比15.8%増の27万2325件となったことが18日、警察庁の年次報告書で分かった。このうち捜査機関などに提供したのは18万9749件で29.7%増。摘発に活用されたのは92.6%増の337件だった。いずれも過去最多で、同庁は「金融機関、捜査機関の両方に制度が浸透してきた」としている。 

石川衆院議員 続投改めて表明…帯広で「励ます集会」(毎日新聞)
<鳩山首相>冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
陸山会事件、「小沢氏の説明不十分」専門家指摘(読売新聞)
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望(産経新聞)
未承認バイアグラを広告に、「快適生活」幹部逮捕(読売新聞)
[PR]
by itdkqpxt7h | 2010-02-24 02:24